江戸川区の眼科なら二本松眼科病院へ
HOME>病院のご案内

倫理委員会について

倫理委員会の発足について

当院では現代医学の高度化や多様化する価値観に伴い、医療行為(治療・手術の国内未認可薬剤の使用)、学会発表等の実施において、2008年度に倫理委員会を発足致しました。

委員会メンバー 医局員4名
事務長1名
事務長代理1名
内科医師1名
弁護士1名
埼玉医科大コンサルタント(医療システム研究所)3名
アバスチン硝子体注入

本国では、転移性大腸癌の治療などのみに使用許可されている、アバスチン(抗VEGF抗体薬)眼科領域では、まだ未認可ではありますが、アメリカでは加齢黄斑変性症(脈絡膜下新生血管)、血管新生緑内障や網膜静脈閉塞症などの治療に応用されており良好な結果が得られていると報告されています。当院では患者様に十分なインフォームドコンセントを行った上、倫理委員会の承認を得て使用しております。

第1回 開催 2008年6月13日(金) 19:30~
第2回 開催 2009年2月2日(月) 19:30~
問い合わせ