江戸川区の眼科なら二本松眼科病院へ
HOME>各検査のご案内

色覚検査

色覚検査
色覚検査 (15~20分)

色覚とは、色(大きく分けて、赤、緑、青)を識別する能力です。
すべての色を識別できない全色盲や、ある1つの色が識別できない、或いは、識別しづらい部分色盲、色弱などがあります。このような色覚の異常は、個人によって種類や程度が異なるため、その判定に用いられます。

色覚異常には2種類あります。

先天性 遺伝によるもので、男性に多い。異常にも程度があり軽い場合は本人が気づかない場合もある。
後天性 眼の疾患(視神経疾患、網膜疾患)または、頭蓋内疾患により起こったもの。
その疾患部位によって、色覚異常の種類も変わってくる。
他には、心因性によるものもあります。

色覚検査は、一般的に就学時検診や、主に航海、鉄道、航空等の職業適性検査として行われています。これらの職業は信号(赤と緑)の区別がつけられるかどうかということが、問われます。

色覚検査表の種類
石原式色盲表のイメージ

石原式色盲表
よく就学時検診に用いられます。数字や曲線が読めるかどうかのテストになります。

パネルD15のイメージ

パネルD15
色のついたキャップを色が近い順に並べてもらいます。

問い合わせ