江戸川区の眼科なら二本松眼科病院へ
HOME>各検査のご案内

コントラスト・グレアー視力検査

コントラスト・グレアー視力検査
コントラスト・グレアー視力検査(縞視力)(5,6分)
  • コントラスト・グレアー視力検査のイメージ
  • CONTRAST GLARETESTER コントラストグレアテスター CGT-1000のイメージ
  • CONTRAST GLARETESTER
    コントラストグレアテスター CGT-1000

縞または二重丸の線の太さや、大きさ、濃さを変え、どの程度までの視標の判別が可能かを測定します。(コントラスト)
さらに、視標に光りをあてて、眩しい状態(グレアー)で同じように検査します。
検査は、縞または二重丸が見えたか見えないかを答えていただく方法で時間は両眼で5,6分程度です。

白内障、後発白内障、角膜混濁がある場合に、どれくらい見づらく感じているかを調べる検査です。白内障や角膜混濁があると、眼に入ってくる光が散乱し、眩しいため、視力検査での視力がある程度あっても、普段の生活では、かすみ感や眩しさのために見にくさを強く感じます。日常生活に支障がある場合の手術、処置の時期を決定するために自覚症状をより反映している視力検査の1つです。

問い合わせ