【網膜光凝固術】(レーザー治療)

網膜光凝固術とは

  • 網膜光凝固術とは、特定の波長のレーザー光を網膜の病変部に照射し、組織を熱凝固させることによって病気の進行を抑える治療です。
    網膜光凝固術は、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性、網膜剥離、中心性漿液性脈絡網膜症、網膜裂孔など眼底の病気に対しておこなわれる治療です。
    主として、新生血管という異常な血管の発生を抑制するために行われます。
    この治療は病気の進行を抑える目的でおこなわれるもので、元の状態に戻すものではありませんが、眼底の病気には欠かすことのできない重要な治療法です。
    ●点眼麻酔 
    ●所要時間:約10~15分程度(※入院の必要はございません)

網膜光凝固術の目的は、大きく分けて2つあります。

①糖尿病性網膜症、網膜静脈閉塞症などにより血流が悪くなると、網膜が虚血や低酸素となり網膜浮腫や新生血管が発生しやすくなります。
そのため、網膜の種々の細胞、特に視細胞を凝固破壊して相対的に酸素不足を解消することを目的で施行します。

②網膜に裂け目できたり、穴が開いたり(網膜裂孔)した状態をそのままにしておくと網膜が剥がれ網膜剥離になる恐れがあります。
その予防のために網膜とその下の組織である色素上皮細胞を凝固癒着させます。

※中心性漿液性脈絡網膜症は、病状によりレーザー治療をおこないます。
網膜の中心部に、脈絡膜から出た水が溜まることにより局所的に網膜が浮き上がった状態になる『中心性漿液性脈絡網膜症』は、水が漏れる地点をレーザーで焼き付ける治療をおこないます。治療には、回復を早めたり、再発を予防する効果がありますが、水の漏れ出している場所がものをみる中心に近すぎる場合にはレーザー照射はできません。
アクセス

〒132-0035
東京都江戸川区平井4-10-7
●JR総武線 平井駅南口徒歩2分
●駐車場有り

詳しくはこちら